記憶をつかさどる「海馬」の大きさを測る脳検査です

予約する

お知らせ

アタラシイものや体験の応援購入サイト「Makuake」にて、BrainSuiteのお得なチケットを先行販売しております。
【先端加齢医学】認知症研究から生まれた、未来を変える10分脳検査ブレインスイート

BrainSuite®(ブレインスイート)で海馬を測ろう

脳の海馬は生活習慣の改善を行うことで「大きく」できる可能性があり、海馬を萎縮させないことが、脳の健康を保ち、認知症の早期対策につながります。

「BrainSuite」は、東北⼤学加齢医学研究所の開発したAI画像解析技術に基づき、健康なうちから海馬の大きさを知り、予防行動につなげる検査です。 
 

BrainSu​iteとは

1.海馬を測れる

頭部MRIを撮像し、人工知能(AI)を用いて海馬体積や微細な萎縮程度を精密に解析します。

2.海馬を理解できる

東北⼤学加齢医学研究所における脳医学研究の成果をもとに、計測した海⾺を科学的に評価します。

3.海馬に良い行動ができる

検査結果レポートでは海馬体積やその経年変化、海馬を健康に保つ方法などを解説します。また、医師や看護師による結果説明や生活習慣改善のアドバイスも実施しています。

4.海馬を改善できる

早期に海馬の萎縮に気づき、生活習慣を改善することで、神経細胞が新しく生まれる「神経新生」が起き、海馬体積を増加させることが可能です。

検査の流れ

BrainSuiteは全国の提携病院・クリニックで検査できます

病院・クリニックを探す

BrainSuiteの検査を受ける病院・クリニックを探します。BrainSuite単独コースと、人間ドック・脳ドックのオプションコースがあります。

病院・クリニックを探す

予約する

病院・クリニックを決めたら、お電話か、​病院・クリニックのサイトより直接予約します。どこで検査したらいいか分からない時は、こちらのフォームよりお問い合わせください。

問い合わせる

検査する

病院・クリニックにて頭部MRI撮影を行い、海馬の体積を測ります。検査結果はMyPageで確認できます。


MYPAGEへ

海馬とは

「海馬」は記憶の司令塔と呼ばれる部位で、 記憶力が高い人ほど体積が大きい傾向にあることが知られています。

一方で、ストレスや生活習慣の悪化を敏感に感じ取り、それが原因で体積が小さくなり、脳の老化に最も先行して30代より萎縮が始まると言われています。 また、認知症や特定の疾患をお持ちの方は、健常者と比較して海馬の体積が小さい傾向にあります。

海馬は小さくなるだけではなく、生活習慣の改善や有酸素運動を行うことで、大きくなる唯一の脳の部位です。すなわち、ご自身のがんばり次第で大きくすることができうる、とてもユニークな部位なのです。

詳しくはこちら

BrainSuiteレポート

検査後にレポートを提供。海馬の大きさがわかり、同年代・性別と比較ができます。

検査を受けたお客様の声

よくあるご質問

BrainSuiteはどんな検査ですか?

東北⼤学加齢医学研究所の開発したAI画像解析技術に基づき、記憶をつかさどる「海馬」の大きさを測る脳検査です 。

海馬は脳の老化に最も先行して30代より萎縮が始まることがわかっていますが、生活習慣の改善を行うことで萎縮を抑え、「大きく」できる可能性もあります。海馬の大きさを知り、海馬の萎縮を抑えることが、脳の健康維持と将来認知症になりにくい状態につながります。

具体的には、 頭部MRI画像から海馬の体積を精密に測定します。検査結果レポートでは海馬の体積や同年代比較・経年変化予測、海馬を健康に保つ方法などを解説します。レポートはMyPageより確認でき、MyPageでは3Dビューワーでの脳画像や、脳健康に役立つコンテンツも閲覧できます。また、BrainSuiteを運営するCogSmart専属の医師や看護師による結果説明や生活習慣改善の相談予約を行うこともできます。

海馬について詳しくはこちらの記事よりご覧ください。

海馬とは?!記憶をつかさどる脳の海馬について徹底解説

なぜ、脳の健康は大事ですか?

年齢を重ねるにつれ、脳の神経細胞の減少により、記憶力や理解力、判断力などの認知機能も低下していきます。

脳は体全体の司令塔です。ほぼすべての臓器の活動をコントロールしている脳の機能が衰えると、身体活動も精神活動もスムーズに運ばなくなります。充実した日常生活・社会生活を送るためには、「体と脳の両方の健康」を保つことが大切です。

なぜ、海馬に着目したのですか?

海馬は記憶力をつかさどり、脳の中で最も早く認知機能低下の初期的な兆候が現れます。運動不足や睡眠不足、ストレス、食生活の乱れなどが原因となって、脳の老化に最も先行して30代より萎縮が始まり、50代から加速度的に縮んでいく場合もあると言われています。

一方で、運動などの生活習慣の改善により、脳の中で唯一「神経新生」という神経細胞の生まれ変わりも生じる部位です。神経新生が起きることにより海馬の萎縮を抑え、海馬が大きくなることもあります。

BrainSuiteはこうした海馬のとてもユニークな特性に着目し、現在の海馬の大きさ・萎縮度を正確に把握することができ、早期の生活習慣改善と脳の健康維持につなげていただける検査です。

海馬について詳しくはこちらの記事よりご覧ください。

海馬とは?!記憶をつかさどる脳の海馬について徹底解説

一般的な脳ドックと何が異なりますか?

一般的な脳ドックは主に脳卒中や脳腫瘍・脳動脈瘤など血管の異常や腫瘍の発見を早期に行うことを目的にした検査です。頭部MRI・MRA画像から医師の目視で異常を発見します。

BrainSuiteの脳画像解析は脳の領域の一つである海馬の体積を維持することを目的にした解析で、AI(人工知能)が組み込まれたソフトウェアで行われます。小指程度の大きさの海馬の数m㎥レベルの微細な変化を捉える必要があるため、専用のソフトウェアが必要となります。 

BrainSuiteは誰でも受けられますか?

BrainSuiteはMRI検査となりますので、MRI検査を受けることができる20代以上の方を対象としたサービスです。

BrainSuiteはどこで検査できますか?

提携の病院・クリニックでBrainSuiteの検査を受けることができます。

病院・クリニックの一覧は、こちらです。

何歳から受けたほうが良いですか?

将来の認知機能の低下につながる海馬の萎縮は、30代より始まると言われています。

このため、30代より検査することを推奨いたします。

検査結果はいつ、どこで確認できますか?

検査結果はMyPageにログインすることで、時間や場所を問わずご確認いただけます。

MyPageとは何ですか?

MyPageにログインすることで検査結果をご確認いただけます。その他にも、3Dビューワーによる脳画像の閲覧や、脳の健康に良い情報(記事や動画)を掲載しています。MyPageより、BrainSuiteを運営するCogSmart専属の医師や看護師による結果説明や生活習慣改善の相談予約を行うこともできます。  

BrainSuiteは保険適用ですか?

BrainSuiteは保険適用外のサービスです。 料金は病院・クリニックごとに設定されており、病院・クリニックの詳細ページ内「BrainSuite情報」よりご確認いただけます。

病院・クリニック一覧は、こちら です。

BrainSuite 紹介動画

東北大学加齢医学研究所の瀧教授による紹介動画です。

脳の健康​3分チェック

簡単なテストで、記憶をつかさどる「海馬」の健康状態をチェックできます。

スマートフォンやタブレット端末などを通じて質問に答える3分間の簡易テストで、集中力や計算能力などに影響する「注意力」と、記憶力・判断力やストレス耐性などに影響する「処理機能」を測り、同姓・同世代と比較した結果を偏差値として示します。

「注意力」や「処理機能」などの認知機能は病院・クリニックで測るのが一般的ですが、認知機能に少し不安や心配がある人などが手軽に脳の健康状態をチェックできるようにしたサービスです。

チェックする
google-site-verification: google3e32cc99c0bacb34.html