脳ドックの検査項目・費用、受けた方がいいケースを徹底解説

目次
脳ドックとは
脳ドックの概要
脳ドックの検査内容

脳ドックの流れ

脳ドックを受けた方がいいケース
健康診断で基準値を外れた項目が多い
ストレスが多い
強い頭痛がある
脳卒中・認知症の家族歴がある

脳ドック受診者の声

脳ドックを受けるために必要な時間

脳ドックの費用
脳ドックの補助金・助成金

脳ドックの選び方
病院・クリニックの場所
受診のしやすさ
MRI

最後に

すべての記事

BrainSuiteの検査を受けた方の体験談、医師へのインタビュー、​脳健康等の記事一覧

体験談

BrainSuiteの検査を受けた方の体験談の記事一覧

医師インタビュー

BrainSuite提携施設の医師へのインタビューの記事一覧

脳健康の特集

海馬・脳ドック・予防行動等、脳健康に関する記事一覧

脳健康の情報をSNSでお届けしています

1. ​測る

10分程のMRI撮像で、記憶をつかさどる海馬の大きさを測ります。海馬は脳の老化に最も先行して30代より萎縮が始まります。

2. 解析する

東北⼤学加齢医学研究所の開発したAI画像解析技術により、これまでは分からなかった健康なうちからの海⾺の大きさを解析します。

3. 理解する

海馬体積やその同性・同年齢比較、経年変化予測等をレポートします。医師や看護師による生活習慣改善アドバイスも受けられます。

4. 育成する

海馬は脳内で唯一、神経が生まれ変わります。生活習慣を改善することで、萎縮を抑え、大きくすることもできます。